ゆめのあとち

ランクルスと潜るレーティング

s10 ランクルス軸 盤面制圧

どーも!

ナオです(^^)v

はじめましての方ははじめまして!

そうでない方はいつもお世話になってます!

 

s10レーティングお疲れ様でした!

みなさん結果はいかがでしたか?

今期はレートへの参加人数が少なく短期間だったためデフレーションが起きていましたね。

自分はs10を今までのレート対戦における最高のシーズンにしたかったので、1戦1戦を大切に戦っていきました!

早速ナオのs10のパーティと戦績を見てみましょう!どどん!

f:id:b1_02:20180711003511p:image

f:id:b1_02:20180711023847p:image

f:id:b1_02:20180711003607j:image

f:id:b1_02:20180711003539j:image

f:id:b1_02:20180711023228j:image

メインロム最高、最終1909pt 609位

サブロム最高1858pt、最終1749pt 2950位

 

ということで、今期は初めての2ロム参加となりました٩( 'ω' )و 

めちゃくちゃ楽しかったです✨

順位を見ても分かる通り、1900を超えるだけで3桁以内に入れています。いかにレートが伸びづらいシーズンだったかわかりますね…。

最終609位というのは、自分史上最高の順位でした(≧∇≦)🎉本当にありがとうございました!!

パーティを見てお気付きの方も多いと思いますが、この構築はs9で(記事にしていませんがs8でも)使用していた並びです。知らない方は、この記事を読む前にこちらを読んでおくことをオススメします!

http://nao-579.hatenablog.com/entry/2018/05/18/073131

では、これを踏まえた上でs10のパーティ紹介いかせてもらいますね!

s9記事と内容が重複する部分も多くありますが、大目にみてください笑

色違いの文字の箇所がs9からの変更点になります!よろしくお願いします!

 

【単体紹介】

 

f:id:b1_02:20180711005901g:imagef:id:b1_02:20180711010551p:imagef:id:b1_02:20180711025521p:image

◎カジル

ランクルス@アッキの実

性格 図太い

特性 マジックガード

技 瞑想/自己再生/サイコキネシス/気合玉

実数値 212-×-138-146-105-56

努力値 212-×-248-4-0-44

個体値31-×-30-31-31-31

調整 S無振り35族抜き 残りHB

 

f:id:b1_02:20180711135558g:imagef:id:b1_02:20180711135610p:image

スイクン@食べ残し

性格 図太い

特性 プレッシャー

技 瞑想/身代り/吠える/熱湯

実数値 205-×-150-112-136-136

努力値 236-×-12-12-4-244

調整 S最速71族抜き 残りH+偶数振り分け

50固定ダメージを身代りが耐える

 

f:id:b1_02:20180712082026g:imagef:id:b1_02:20180712082037p:image

◎ヴィーヴル/とこよのゆめ

ボーマンダ@ナイト

性格 陽気

特性 威嚇→スカイスキン

身代り/竜の舞/地震/恩返し(八つ当たり)

実数値189-171-101-×-102-162

(メガ後)189-181-151-×-112-184

努力値 148-124-4-×-12-220

調整 S最速115族抜き 残りHA

 

f:id:b1_02:20180713065358g:imagef:id:b1_02:20180712153233p:imagef:id:b1_02:20180712153258p:image

◎Mシュミット

カプ・コケコ@デンキZ

性格 臆病

特性 エレキメイカ

技 瞑想/草結び/10万ボルト/めざめるパワー氷

実数値 145-×-105-147-96-200

努力値 0-×-0-252-4-252

調整 特に無し

 

f:id:b1_02:20180712154157g:imagef:id:b1_02:20180712154209p:image

◎レイリー

霊獣ランドロス@気合いの襷

性格 陽気

特性 威嚇

ステルスロック/大爆発/地震/岩石封じ

実数値 165-197-110-×-100-157

努力値 4-252-0-×-0-252

調整 特に無し

 

f:id:b1_02:20180712154551g:imagef:id:b1_02:20180712154625p:imagef:id:b1_02:20180712154622p:image

インパク

ハッサム@ナイト

性格 意地っ張り

特性 虫の知らせ→テクニシャン

技 剣の舞/バレットパンチ/電光石火/叩き落とす

実数値 175-200-120-×-100-88

(メガ後)175-222-160-×-120-98

努力値 236-252-0-×-0-20

調整 S無振り75族抜き抜き抜き

 

【構築紹介】

このパーティは、ステルスロック+積みリレーでの盤面制圧を基本戦術にした構築です。

初手に投げる霊獣ランドロスに対して、相手が対応してくるポケモンを岩石封じでS操作をしながら倒される、もしくは大爆発で削り自主退場した後、場に残った相手のポケモンに有利なポケモンを2番手に繰り出して積みリレーを始めるのが基本的な動きになります。

単体紹介で見てもらった通り、積みリレーの始動役であるランドロスは襷を持たせて行動保証しているほか、残り5匹の全てのポケモンが積み技を覚えているので、かなり攻撃的な構築になっています。

積みリレーは、サイクルや対面構築より特に「選出が命」です。行動ルートが決まっているので選出を間違えばリカバリーが効きません。その代わり、選出さえ間違わなければ勝負の"流れ"をコントロールすることができます!

これが、この構築の魅力だと思います。

盤面制圧はある意味、詰将棋に近い戦い方なのかもしれませんね。

 

【変更点】

s9からの変更点

ランクルスサイコキネシスを持たせた

アーゴヨンが減ったせいか瞑想ラッキーに合わなかったので数の多いボーマンダリザードンと撃ち合うために、範囲をとれるサイコキネシスを採用しました。

ボーマンダに身代りを持たせた。その影響で捨身タックルを恩返し(八つ当たり)に変更した

状態異常の回避、有利対面で身代りを残すことで後投げされるポケモンを無理やり突破できるようにしました。

・カプ・コケコに草結びを持たせた
カバルドンの増加+カバルドン突破後のカプ・コケコの通りが良さそうだったので、草結びを採用しました。

ハッサムに叩き落とすを持たせた

s9でキツかったカビゴン入りに強く出るために叩き落とすを採用しました。ポリゴン2やラッキー、受けサイクルに有利になりましたが、カミツルギメタグロスには完全有利とは言えなくなりました。

 

【選出】

①ステロ+積みリレー

f:id:b1_02:20180713065446p:image+f:id:b1_02:20180713065458p:imageorf:id:b1_02:20180713065610p:imageorf:id:b1_02:20180713065600p:imageorf:id:b1_02:20180713065604p:image@1

基本戦術。サイクルパに対して選出を考えます。

②ステロ+吠える+エース盤面制圧

f:id:b1_02:20180713065446p:image+f:id:b1_02:20180713065610p:image+f:id:b1_02:20180713065607p:imageorf:id:b1_02:20180713065458p:imageorf:id:b1_02:20180713065600p:imageorf:id:b1_02:20180713065604p:image

積み構築に対して選出を考えます。

吠えるで展開阻害しながら、エースを通すルートを探します。

③崩し+積みサイクル

f:id:b1_02:20180713065458p:image+f:id:b1_02:20180713065610p:imageorf:id:b1_02:20180713065600p:imageorf:id:b1_02:20180713065604p:image+f:id:b1_02:20180713065446p:image

対面構築に対して選出を考えます。

ランドロスの襷を大事に使いましょう。

 

【終わりに】

これでs10のランクルス軸盤面制圧の構築紹介は終わりです。

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございました(≧◡≦)

目標であるレート2000には届きませんでしたが、限られた時間内で自分の持てる最高のチカラをぶつけられた。そんなシーズンになったと思います💪

ナオのシングルレート対戦は、このs10で終わりになります。

これまで多くの方に支えられ、応援してもらったことに本当に感謝しています✨

ありがとうございました…!!

感謝の気持ちを込めて、QRパーティを用意しました(^^)ノ

本当はこれで恩返ししたかったけど、捨身タックルになっているのはご容赦ください笑 ボーマンダ、お前のことだぞ。

QR

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-0CE2-483D

 

なにか質問や、ご意見等ありましたらこのブログのコメント欄か、お気軽にこちらまでお声掛けいただけると嬉しいです!

TwitterID:@02_b1

 

Special thanks

構築相談に乗ってくれた

城之内さん、くらげさん、あまのくん、コホンさん

QRの使い方を教えてくれた

ねんごろさん

フレ戦をしてくれた

カスケードさん、からすさん、スポンジさん、カプ・ふじこ、Lenくん、アポロくん、がいせんさん、けんさん、ソルティくん、まさぶーさん、ツバサくん、茂高さん

そしてレート対戦を辞めると言った時に帰る場所を作ってくれた

ライさん

振り返ると、感謝しかありません。

こんな自分のことを最後まで応援し、支え続けてくれたすべてに

本当に、本当にありがとうございました…!!

f:id:b1_02:20180714010938j:image

またどこかで会いましょう(^^)ノシ

 

【おまけ】※7月18日加筆

記事としての読みやすさを優先したため、伝えきれなかった使用ポケモン単体の紹介です。もしよかったら見ていってください(´∀`*)

 

f:id:b1_02:20180718034616g:image

相棒のカジル。
幅広いパーティに対応できるアッキの実ランクルス。s10はアーゴヨンが減ったせいか瞑想ラッキーに合わなかったので数の多いボーマンダリザードンと撃ち合うために、範囲をとれるサイコキネシスを採用しました。気合玉はフシギバナテッカグヤの裏に隠れるバンギラスに向けてぶっ放します。
盤面制圧の弱みである受けループに対して圧倒的な強さを持っています。Sは無振りドヒドイデ抜きにして、黒い霧でアッキの実を無駄使いすることがないようにしました。対応できないヤミヌケループにはハッタリで選出して瞑想を積み、シャドーボールを匂わせて降参をもらったこともありました。(裏選出は100%勝ち)
盤面制圧としての選出率は最下位でしたが、選出時の勝率は高かったです(^^)v

 

f:id:b1_02:20180718034725g:image
スイクン
吠えるスイクン。盤面制圧における肝。
よくあるカバルドン地震を身代りが耐える調整は、カバルドン展開の裏にカプ・テテフが控えていることが多かったので今期は見送りました。
S振りが活きる場面が多く、地面枠として評価されつつあるホルードに対して上から熱湯をかけれるのが強かったです。
また、挑発のないカプ・レヒレにはD+1状態でムーンフォースを身代りが耐えることから、積みあいになっても吠えれば起点にすることができます。
守る/吠える/身代り/熱湯
の型よりも、自分はこちらの技構成の方が手に馴染みました。瞑想のおかげで起点に出来る範囲が広いです。

 

f:id:b1_02:20180718034817p:image
♀の「ヴィーヴル」はカプ・ふじこに
♂の「とこよのゆめ」はあまのくんに名付けてもらいました。ありがとう!
裏メガ枠。
s10は初手に投げられる霊獣ランドロスが流行っていたので、身代りを持たせることで起点化し、全抜きを目指しました。が、こちらの霊獣ランドロスの威嚇と合わせてA-2状態にしても、相手の霊獣ランドロスの大爆発で身代りは割れてしまうので1手目は竜の舞を。岩石封じを選ばれていた場合は2手目に身代りを貼るように心掛けました。
恩返し(八つ当たり)は体力管理が簡単にできますが、捨身タックルはA+1状態でステロ込みで霊獣ボルトロスを飛ばせるほど火力が出るので選択が難しかったです。

 

f:id:b1_02:20180718034934p:image
メッサーシュミット。戦闘機ですね。
このパーティにおける最高の補完枠。
s9では身代りを持たせて有利対面で低リスクアドを取れるようにしていましたが、s10ではカバルドンが特に多かったので身代りが腐ることが多く、代わりに草結びを持たせました。C+1状態でHBカバルドンを飛ばせます。(HDカバルドンは霊獣ランドロス地震+大爆発で飛ばすため未考慮)
初手にカバルドンを投げられた場合は、霊獣ランドロスの威嚇が入っている状態なので対面で瞑想できます。もし落とされても、エレキフィールドのおかげで次に投げるハッサムランクルスが安全に積んでいけます。
ボーマンダハッサムと相性が良く、この2体が倒せないポケモンをカプ・コケコが得意とします。そして、カプ・コケコでも倒せない相手はランクルスが得意とします。s7でポリゴンZを使っていた時より展開速度を詰めれたのはこのポケモンのおかげです。

 

f:id:b1_02:20180718035118p:image

シルバーズ・レイリー
ONE PIECEで特に好きなキャラクターから名前を拝借しました。
盤面制圧の始動役。ステロを撒き、大爆発。岩石封じをして、大爆発。
コイツいっつも爆発してんな
パーティ単位で重いポケモンを抑制できるガブリアスではなく、霊獣ランドロスを使い続けたのは「威嚇」と「大爆発」の存在からですね。初手の威嚇で素早さ判定ができるのは非常に強く、後の読みがしやすくなります。
初手カバルドンや後投げされるポリゴン2は回復手段を持っていることが多いので、すぐに大爆発せずに地震で削り様子を伺います。少しでも削れたまま霊獣ランドロスが落とされれば、次に投げるカプ・コケコが通りやすいからです。ただし、霊獣ランドロスミラーはステロを撒いたら即大爆発です。相手の霊獣ランドロスは、メガ枠の起点ですから先に展開していきましょう!
起点作りもストッパーもできるこのポケモンは本当に使いやすかったです。

通信対戦じゃなかったらなつき度0以下になってた気がする

 

f:id:b1_02:20180718065237p:image
インパクト。衝撃!ではなく、モチーフは「がんばれゴエモン」に出てくる「ゴエモンインパクト」からです()ダ、ダ、ダーッシュ!!
表メガ枠。
ステロ+剣の舞+先制技で強引に対戦相手をねじ伏せていく背中はめちゃくちゃ格好良かった…!
電光石火を搭載しているのは、ステロ込みA+2状態でリザードンウルガモスを倒せることと、呼ぶ霊獣ボルトロスギャラドスを返り討ちにするためです。バシャーモカプ・テテフには不利なので、そこはボーマンダに任せましょう。
パーティ単位で重かったカビゴンに有利に動けるように叩き落とすを採用しました。そのおかげで食べ残しテッカグヤに対してもHPを半分程度削れればA+2叩き落とすで飛ばすことができます。一般的なポリゴン2にも強いですが、ポリクチと戦う時は両方が炎技を持っている可能性があるため選出は慎重に行いました。
展開構築のメガ枠は、異なる性質をもつポケモン同士を組み合わせるのではなく、戦い方が似ているポケモンを組ませることが大事だと思います。(展開ルートがバラバラになると選出が歪んでしまうため)。そういった意味でハッサムボーマンダは相性が良かったです!

 

だい4回ホズラッシュ結果

f:id:b1_02:20180718065954j:imagef:id:b1_02:20180718070016j:image

1556pt

21/158位

ランクルスとここまで一緒にこれて本当に良かった。このパーティとここまで戦えて本当に良かった。

 

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございました(≧◡≦)

またどこかで会いましょう!