ゆめのあとち

ランクルスと潜るレーティング

s6 ランクルス軸サイクル+

どーも。ナオです(゚∀゚)
はじめましての方ははじめまして!
そして閲覧ありがとうございます✨

s6レーティングお疲れ様でした。
みなさんSM環境でのラストシーズンは楽しめましたか?
自分は、s6レーティングがおそらく今までで1番くるしいシーズンとなりました。スランプに陥ったからです。
理由は後半で紹介しますが、それより先にさっそくナオのs6シングルの使用構築と結果を見てみましょう!

 f:id:b1_02:20171112033438p:image

f:id:b1_02:20171112033500j:imagef:id:b1_02:20171112033523j:image

s6シングル
最高1944 最終1928
671位(11月10日8時59分時点)

最高1944という事で、SM環境での最高レートを更新できました!
本当にありがとうございます(≧ω≦)v

では次に構築経緯について説明します。
と、言いたいところですが、先程も言ったとおり今シーズンはスランプに陥っていたため構築経緯がありません。
ひたすらにランクルスと合うポケモンを探し、練っては壊し、次に活かすという行為を繰り返した結果に出来上がったパーティです。
強いて言うなれば、攻めることを重点的に意識したパーティになっています。
この構築は、スイッチトリルを取り入れたサイクルパーティになります。
では、パーティの中身の紹介をはじめましょう!

(表記はLv.50時の実数値になります)

HP→H 攻撃→A 防御→B

特攻→C 特防→D 素早さ→S


【個別紹介】

f:id:b1_02:20171112033742p:imageランクルス
ニックネーム:カジル

持ち物:エスパーZ

特性:ぼうじん

性格:れいせい

実数値:217-×-101-187-107-31

技構成

トリックルーム

・みらいよち

きあいだま

シャドーボール

相棒のランクルス

今回は突破力を底上げするためにエスパーZを持たせました。これにより、未来予知の「2ターン後に着弾する」というフィールド効果を無視して、速攻で威力190の超火力を叩き込めます。

また、未来予知を発動させながらマキシマムサイブレイカーを使用して目の前の敵を飛ばし、無理矢理裏のポケモンに未来予知を当てる動きもできます。これは凄く使い勝手が良かったです。

あと、トリックルーム読みでランクルスに挑発してくるポケモンにはZトリックルームを使用することで、挑発を無視して安全にトリックルームを貼ることができます。

これは、イーブイバトンのような起点作り+バトン→エースの構築に刺さりました。みらいよちが良い仕事をします。

Zを消費したあとも高火力格闘技と安定的に削りを行える霊技のおかげで腐ることがほぼなく、出せば1匹で3タテすることもありました。

パーティを見てわかるように、クチート入りにはキノコの胞子持ちのポケモンや高耐久の草タイプが多く選出されるので、粉技が効かないランクルスは重宝しました。マジックガードの方が知名度が高い特性なので、ナットレイが宿り木の種を撒かずに引いてきたり、フシギバナが眠り粉を優先的に撒いてくることが多く動きやすかったです。

おつかれさま、ランクルス。ありがとう。

USMでもよろしくな。

 

 f:id:b1_02:20171112033904p:imagef:id:b1_02:20171112033828p:imageクチート

ニックネーム:アイリス

持ち物:クチートナイト

特性:いかく→ちからもち

性格:いじっぱり

実数値:157-150-106-×-75-70

技構成

・ふいうち

・じゃれつく

・かみなりパンチ

・れいとうパンチ

トリルエースのメガクチート

クチートの基本の技構成である、じゃれ不意叩き剣舞を切ってこの技を並べたのは、苦手な低速サイクルの相手を裏のメガリザードンXに任せ、クチートをサイクル戦に参加させるためです。なので、トリル選出でなくても選出できるポケモンに仕上げました。

トリル下の制圧力は半端なく、低耐久のポケモンはワンパンしてしまうほどでした。よく後投げされるカバルドンギャラドスあたりは受けだしできると勘違いしたまま死んでいきます。

メタグロスとの違いは、耐性と技の範囲とイカサマ持ちのポケモンに強めなところだと思います。ランクルストリックルーム選出での相性が良いことも◎

ニックネームはBW2のチャンピオン、アイリスからとって名付けました。

アイリス戦の、ポケモンが好きで好きでたまらなく、そしてその好き同士が本気でぶつかり合うようなBGMがめちゃくちゃ好きなんです。

 

 f:id:b1_02:20171112034012p:imagef:id:b1_02:20171112034019p:imageリザードン

ニックネーム:イグニール

持ち物:リザードナイトX

特性:もうか→かたいツメ

性格:ようき

実数値:153-136-98-×-106-167

技構成

ニトロチャージ

つるぎのまい

げきりん

フレアドライブ

裏メガ枠のメガリザードンX

クチート入りで重くなる高火力炎タイプの処理を担当します。

また、前述したようにクチートが剣舞を切っている関係で、低速サイクルに強くでるためのニトチャ剣舞で強引に舞って全抜きを目指します。

選出段階でステロ撒きはある程度目星がつくと思うので、リザを選出するかどうかは展開を予想しながら慎重に考えます。選出できると踏み切ったなら先に展開できるように速攻で勝負を仕掛けにいきます。後手に回ればだいたい負けます。

ステロ撒きが見当たらない場合は、クチートリザードンの通りの良い方の選出を考えます。今回は羽休めを切っているので、上から殴りまくって倒すというのが基本的な動きになります。

SM環境でリザードンを使うのは初めてでしたが、選出できれば相手のパーティに大ダメージを与えられるパワーあるポケモンでした。

ウチのパーティでは割とメガリザードンYを想定した動きをされることが多かったので、選出段階で与える情報が少ないリザードンはやっぱり強いんだなあと実感しました。強いが故に選出誘導力が高いので、相手の選出を予想しやすいのもポイントを稼ぐ上で有効だったと思います。

 

 f:id:b1_02:20171112034046p:imageカプ・コケコ

ニックネーム:Mシュミット

持ち物:こだわりメガネ

特性:エレキメイカー

性格:おくびょう

実数値:145-×-105-147-95-200

技構成

・10万ボルト

・めざめるパワー(氷)

ボルトチェンジ

くさむすび

初手投げ安定の遊撃手カプ・コケコ。

火力とサイクルの両立をさせるために拘り眼鏡を持たせました。

ボルチェン展開からサイクルで削った相手を全抜きするスイーパーとしてまで、幅広く役割を果たせるSを持つこのポケモンは分かりやすく強かったです。

マジカルシャインを切って草結びを持たせていますが、これは先発投げで対面しやすい高火力低耐久ポケモンの引き先として安定になる高耐久地面タイプを一撃で倒してサイクルさせないためです。

といっても、初手からの交換読みで草を結べるのは明らかな有利対面か相手の攻撃を1度は耐えるられることが条件になります。例えばアシレーヌのように耐久力があり、コケコの持ち物なしEF下の10万を耐えられるポケモンは引いてこないことも多いので、そこは例えアシレーヌが裏の地面に引いてこようと10万で仕留めにかかります。

クチートの雷パンチの火力を底上げできるため、クチートとセットで選出することも多かったです。その場合は、パーティ単位で高火力特殊の攻撃を何度も耐えられる可能性が低いので、相手の選出と裏のポケモンを予想しつつ交換読みを決めていくか、サイクル放棄してコケコを切るタイミングを見極める必要があります。

 

 f:id:b1_02:20171112034112p:image霊獣ランドロス

ニックネーム:レイリー

持ち物:ゴツゴツメット

特性:いかく

性格:わんぱく

実数値:191-166-156-×-101-116

技構成

どくどく

じしん

がんせきふうじ

とんぼがえり

物理受けのゴツメランドロス

ここまで説明したどのポケモンとも相性が良く、受けだしさせながらサイクルを回せる優秀なパーツです。

特に対面パには滅法強く出れ、毒を持たせたことでガルクレセゴーリのようなガル始動のパーティには無敗という圧倒的な強さを見せつけました。

基本的にはコケコがカバルドンランドロスに止められた時の引き先として使います。

ボーマンダ入りに選出することは少ないですが、選出した時は大抵カバルドンと対面しているのでマンダ引きも兼ねて積極的に毒を吐いていきます。

ミミッキュ入りにはコイツがいないと半壊しかねないので絶対に選出していました。身代り痛み分け型は死ぬ気で1:1に持っていきます。

威嚇+後攻蜻蛉でサイクルを回しやすいポケモンなので、後投げするポケモンにダメージが入りづらく、ランドの後攻蜻蛉+コケコの先攻取りで縛れる相手には積極的に選出していきました。

 

 f:id:b1_02:20171112034137p:imageスイクン

ニックネーム:スイクン

持ち物:とつげきチョッキ

特性:プレッシャー

性格:ずぶとい

実数値:201-×-154-120-137-128

技構成

・ねっとう

・こごえるかぜ

ぜったいれいど

ミラーコート

対面と誤魔化し性能を高めたスイクン

この構築におけるMVPは間違いなくこのポケモンです。

チョッキを持たせたことで対面で勝てる相手が一気に増え、パーティ単位で脆そうに見える特殊を誘ってミラーコートで処理します。また、ミラーコートを嫌って積んでくるポケモンには絶対零度で圧力をかけて特殊技を撃たせるように仕向けていきます。

以下、対面で役割を持てる特殊ポケモン

 f:id:b1_02:20171112034202p:imagef:id:b1_02:20171112034217p:imagef:id:b1_02:20171112034226p:imagef:id:b1_02:20171112034234p:imagef:id:b1_02:20171112034243p:imagef:id:b1_02:20171112034251p:imagef:id:b1_02:20171112034259p:imagef:id:b1_02:20171112034400p:imagef:id:b1_02:20171112034323p:imagef:id:b1_02:20171112034422p:imagef:id:b1_02:20171112034429p:imagef:id:b1_02:20171112034436p:imagef:id:b1_02:20171112034442p:imagef:id:b1_02:20171112034456p:imagef:id:b1_02:20171112034504p:imagef:id:b1_02:20171112034602p:image

チョッキスイクンのB振りは珍しいかと思いますが、このおかげでマンムードリュウズガブリアスのゴリ押しに勝てることと、1積みメガボーマンダの捨身を耐えるので対面こごかぜ連打で落とすことが出来ます。従来のひかえめC振りスイクンではどうせメガバシャーモに対して50%の確率でしか勝てないことから、対面で勝つことは諦めて、サイクルで削ってから勝つorスイクンで削ってからランドロスの定数で落とすことを目標にしていました。

氷タイプ以外の絶対零度の命中率は20%にまで減少したと聞きましたが、実際使ってみるとちゃんと30%あったんじゃないかと思えるほど高い確率で当てていました。

零度スイクンは強い。

あと、スイクンは名前の響きが綺麗すぎるのでとてもニックネームは付けられませんでした。スイクンかっこいい。

 

【選出】

この構築での選出パターンは3つです。

1つ目。トリル選出

f:id:b1_02:20171112033742p:image+f:id:b1_02:20171112033828p:image+f:id:b1_02:20171112034137p:imageorf:id:b1_02:20171112034046p:image

2つ目。サイクル選出

f:id:b1_02:20171112034046p:image+f:id:b1_02:20171112034112p:image+f:id:b1_02:20171112033828p:imageorf:id:b1_02:20171112034019p:imageorf:id:b1_02:20171112094354p:image

3つ目。対面選出

f:id:b1_02:20171112034046p:image+f:id:b1_02:20171112033828p:image+f:id:b1_02:20171112034137p:image

 

1つ目のトリル選出は、相手のパーティに高速ポケモンが多くクチートが通りそうな時に。

2つ目のサイクル選出は、カバリザやガルクレセゴーリ等のパワーのある構築を削ってから倒したい時に。

3つ目の対面選出は、1匹1殺を目指した超攻撃的な並びです。

 

【あとがたり】

いかがだったでしょうか?

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました(о´∀`о)✨

SM環境はもう終わりになりますが、自分としては各シーズンで全ての特性のランクルスを使用してレートで遊べたのが楽しかったなと思います👍

 

色んな構築記事を読んでいて、その構築を使った動画を見るのが1番分かりやすいなと感じているので、自分も簡単ではありますが動画を作ってみました。

参考になるかは分かりませんが、もし良ければ見ていってくださいね(^^)

 

ナオのs6使用パーティの紹介は以上で終わりになりますので、構築にしか興味ないよって方はここでブラウザバック推奨です(^^)b

閲覧どうもありがとうございました!

 

まだ付き合ってやるよって方は、ここからが長いよ!笑

ここからはs6の感想を書いていきますね!よろしくお願いします!

 

【s6感想】

今シーズンは、のっけから前シーズンの構築を越える構築を作ることに躍起になっていました。

目標は、s5の自己最高記録の1914という数字を1でも上回ることです。

これまでに投稿されてきた強い構築記事を読み漁り、自分に勝つために必死でした。

s6が始まって、1700まではs5の構築を使ってすんなり数字が伸びましたが、1700からは新しい構築を使ってレートを伸ばすと決めていたので、様々なパーティを試しました。

 

まず最初に試したのが影分身ランクルス

これはs5の途中から考えていて、アッキランクルスの場持ちの良さを活かして分身を積めれば相手を簡単に詰ませられるのでは?というところから始まりました。

毒ビシと合わせて定数で削り倒すことを念頭に組みましたが、ランクルスが積む前にZ技が飛んできて頻繁に壊滅していたので解散。

 

次に、じゃあ積んだ状態でランクルスを投げれば強いのでは?と思い、技範囲を確保して分身バトンバシャと組ませてみました。

悪くはなかったですが、呪いミミッキュの横行、ふきとばし、カプ・レヒレの増加、鉢巻マリルリ、ミズZゲッコウガとのマッチングの多さでバトンバシャがまともに機能せずに倒される事案ばかり。

勝率も伸びずにただそのレート帯にいるだけ、という状態が続きました。

 

回避率さえ上がればどんなポケモンにも勝てるのに…!そう思った自分はジャロゴーリに手を伸ばして、ただチカラだけを追い求めました。

結果、1800あったレートが200ほど溶け落ちました。ジャロゴーリは弱い。

ジャロゴーリを並べた時に、こちらの期待としてはジャロゴーリに強いポケモンを選出誘導できるものだとばかり思っていましたが、実際はそんなことはなく上からゴリ押しされるだけで死んでいく並びでしたね。運も引きも悪い。

オニゴーリ被害者の会があるなら、自分は参加しますよ。ええ。

 

ここで、200溶けたレートを見てスランプに陥っていることを自覚しました。

ただ勝ちたいだけやのに、なんでこんな低いレート帯で勝てへんねん!ふざけんな!

焦りと苛立ちで運負けツイートを連発。

あまりの負け数に、負け方によっては本当に泣いてしまうこともありました。

完全に大切な事を忘れていました。

 

レートの結果は今の自分自身のレベルを映すポイントでした。強い構築を真似しているだけで自分自身を越えることなんてできるのか?

答えはNoでした。

いくら頑張って強い構築の真似をしても、強い構築記事にはそれを書いた人なりのクセがあり、考え方があり、立ち回り方がある。当たり前ですよね。

でも、レートを上げたい上げたい欲ばかり先行してそんなことにも気付けなかった。ずっと不安でした。s5が自分にとって本当に楽しいシーズンで、あの時たくさんの人と一緒に作り上げたランクルス軸メガ+クレセドランナットが自分の中では最高のパーティだったからです。

あのパーティより強いパーティなんて作れるのか?

本当は、最初から無理だ、と心のどこかで思っていたんだと思います。

あれが最高のパーティだと。

ふとタイムラインで「運負けツイートしてるやつなんなの?格下と当たったから何?勝てばええやん。言い訳するなよ」と強気なつぶやきが目に留まりました。

心が折れていた自分は、そんな簡単に勝てたら苦労しねぇよ。と思ってみていましたが、すぐにその人はレート2000を達成してしまいました。

 

あぁ、そうか。自分は負け側なんだと理解しました。こんなところで運負け運負け言ってるぶんには勝ちは拾えやしない。

何かが足りない。

でも何が?s5であって、s6でなくした何かが足りない。そう感じました。

 

答えは超簡単。

ポケモン楽しいか楽しくないか。

 

勝つために必死になっていて、自分らしさを失くしていました。自分の得意な戦い方も、強者と当たれた時の嬉しさも、挑戦していく姿勢も、なにもかも駄目になっていました。

だから一旦立ち止まって、自分らしいパーティってなんだ?と考え始めました。

自分らしい戦い方ってなんだ?

ランクルスを使えばそれはナオの戦い方なのか?

ランクルスになにが出来る?なにが楽しい?なにが楽しかった?すべての疑問に立ち向かって、1つづつ解決していこうと思いました。

 

まず、ランクルスを使うなら遅いSを活かしたトリックルームでパーティを作ろう。

トリックルームで相性が良いメガ枠は、間違いなくクチートだろう。

クチートを軸としてパーティを作るなら、トリル補佐としてポリゴン2もいれよう。トリルが切れた後も対面性能が高く、相性の良いミミッキュも入れよう。

さらに対面性能を伸ばすためにキノガッサを入れよう。最後に相性補完として優秀なヒートロトムを入れよう。

完成。

すぐにレートに潜りました。

結果は勝ち越し。

そしてすぐにまたあの感覚がきました。

 

ポケモン楽しい」

 

0から作った自分のパーティで勝てたことが嬉しかったんです。はっきりと思い出せました。勝つことだけに執着したポケモンバトルはそこで終わり。そこから環境に合わせてポケモンや技構成を入れ替えながらひたすら試行錯誤で潜るナオのs6がやっと始まりました。

 

【Boxへ左遷されたポケモンたち】

簡易一覧表

f:id:b1_02:20171112035234p:imageポリゴン2 きせき

ひかえめトリルトラアタシャドボめざ炎

なまいき再生恩返し冷ビシャドボ

f:id:b1_02:20171112035246p:imageミミッキュ 気合の襷

いじっばり剣舞影うちシャドクロじゃれ

 

f:id:b1_02:20171112034456p:imageヒートロトム スカーフ

ひかえめ10万オバヒボルチェンめざ氷

f:id:b1_02:20171112040105p:imageキノガッサ きあいの襷

ようき胞子マッパ岩石封じ種マシンガン

f:id:b1_02:20171112034234p:imageゲッコウガ ミズZ
おくびょう手裏剣カノン冷ビめざ炎

f:id:b1_02:20171112040155p:imageギャラドス フィラの実

いじっぱり竜舞身代り滝登り地震

f:id:b1_02:20171112040259p:imageガブリアス ドラゴンZ

 ようき剣舞地震逆鱗炎の牙

 

左遷理由

f:id:b1_02:20171112035234p:image環境に刺さっていなかった。選出誘導にはなっても選出することが少なかった。なまいきポリ2は環境にマッチしていたが、パーティに合わなかった

f:id:b1_02:20171112035246p:imageサイクル志向の自分の戦い方に合わなかった。受けだしできない低耐久のミミッキュはどうしても弱いと感じてしまう

f:id:b1_02:20171112034456p:image範囲は良かったが火力が足りずにサイクル負けすることが多く、トリルとは相性が悪かった

f:id:b1_02:20171112040105p:image胞子をうまく使うことが出来なかった。種マシンガンのヒット数も少なく、信用できなかったのと耐久不足が目立った

f:id:b1_02:20171112040155p:imageメガルカリオに確定で急所に当てられるので2発で飛ぶのが弱すぎた。運が無い。ちなみにルカリオには6回出して12回急所。1サイクルも回せないことに激怒して解雇した

f:id:b1_02:20171112040259p:image1番悩んだ枠。最終的にリザXとランドロスにこのガブの役割分担をさせたが、実際パーティにいた時は1番活躍していた。パーティバランスを調整するための苦渋の左遷だった

 

【おわりに】

 ここまで読んでくださった方、めちゃくちゃ長い文面だったのに本当に本当にありがとうございます✧٩(ˊωˋ*)و✧

s6は自分自身と、ランクルスともう一度向き合えた大切なシーズンとなりました!

結果的に自分自身の最高レートを更新することが出来たのは「楽しくゲームができたから」だと思うんです。

レートの途中で腐った自分を最後まで見放さずに応援してくださった方、対戦でマッチングした方、構築相談に乗ってくれた方もすべてが自分にとっては有り難かったです!

ポケモンを通じて出会えたみなさんに

本当にありがとうございました!

USMでまた会いましょうね!

 

 

何かこの構築のことで知りたいことや、ランクルスはこんな型も楽しいぞ!など、意見などあれば気軽に話しかけてもらえると嬉しいです|ω`)

@02_b1

 

スペシャルサンクス】

ポリゴンとゲッコウガを交換してくれたヌトームさん

バトン対策を一緒に考えてくれたあまのさん

show downを教えてくれたRion.Nさん

構築相談にのってくれたティラミスさん

 

ありがとうございました!